ホーム  >  鈴鹿法人会とは

鈴鹿法人会とは

ご挨拶

会長 岡田 信春
会長 岡田 信春

 会員の皆様におかれましては、常日頃から鈴鹿法人会の運営につきまして、深いご理解とご協力を賜り、この場をお借りいたしまして、心から厚くお礼申し上げます。

 私は平成29年5月23日に開催されました第5回定時総会におきまして、鈴鹿法人会の会長を拝命いたしました岡田でございます。平成23年5月から平成27年5月までの間におきましても会長職を務めておりましたがあらためてよろしくお願いいたします。

 法人会の理念は「法人会は税のオピニオンリーダーとして、企業の発展を支援し、地域の振興に寄与し、国と社会の繁栄に貢献する、経営者の団体である」ことであります。

 この理念を基に鈴鹿法人会では、かねてから「税に関する活動」や「地域貢献活動」などの事業に積極的に取組んでまいりました。

 地球温暖化防止活動の啓発をはじめジュニアバレーボール大会、税に関する絵はがきコンクール、夏休み親子映画鑑賞会、税を考える週間行事の一環として開催している親子是金クイズと映画鑑賞会および特別養護老人ホームへの寄せ植えと車椅子の贈呈など、これらは恒例行事となっております。

 また、小学生を対象とした親子バスツアーなどのほか、特に租税教育活動につきましては、小学生はもとより最近では中学生を対象とした租税教室にも積極的に取組んでおります。

 去る、5月23日の第5回定時総会では提示しましたすべての議案が原案通り承認され無事終了し、今後も、法人会の基本的指針に基づき積極的な活動に取組んでいくことを再確認したところでございます。

 さて、私どもの地域の経済情勢を見ますと、法人税の実効税率の引き下げなどの明るい話も出ておりますが、消費税率の改正及び軽減税率の導入など、まだまだ厳しい状況が続いております。

 また、平成31年度には公益財団法人全国法人会総連合が主催する全国大会が三重県で開催されることが決定しております。

 このような情勢ではありますが、鈴鹿法人会は今後も役員、会員一同一致団結して当会発展のために努力し活動していく所存でございます。

 このためには、会員の皆様はもとより、会員外の皆様のご参加、ご協力が必要不可欠であり、今後とも皆様方の積極的なご協力とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 最後になりましたが会員の皆様方のご健勝ならびに企業のご繁栄をお祈り申し上げ、私の挨拶とさせていただきます。

公益社団法人 鈴鹿法人会
会長 岡田 信春

具体的活動

【3本柱】1.会員の研さん 2.税のオピニオンリーダー 3.地域社会への貢献
  • よき経営者をめざす約95万社の全国会員組織です。
  • さまざまな業種の人との出会いがあり新しい仕事のつながりを生み出します。
  • 公平で健全な税制の実現のため経営者の声を国へアピールしています。
  • 社会貢献活動を支援します。
  • 青年・女性の活力が新たな活動を生み出しています。
  • 税の研修会で最新の税知識が習得できます。
  • 企業と従業員のための保障制度に加入できます。

法人会の基本的指針

法人会はよき経営者をめざすものの団体として 会員の積極的な自己啓発を支援し、
納税意識の向上と企業経営および社会の健全な発展に貢献します。

法人会のシンボルマーク

シンボルマーク

中央の円は「法人会」のコア(核)である「よき経営者をめざすものの団体」をあらわしています。

そのコアのもとに集まる「人」の姿を「法人会」の頭文字“h”に合わせ、企業と社会の健全な発展に貢献する団体であることを、力強く象徴しています。